プログラマーのまたーりぶろぐ

プログラマー、たまにはまったり行きましょう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

名張毒ぶどう酒事件 農薬以外の証拠 弁護団が主張の方針(毎日新聞)

 最高裁が名古屋高裁に審理を差し戻した名張毒ぶどう酒事件で、奥西勝死刑囚(84)の弁護団の鈴木泉団長は16日、名古屋市内で開かれた支援者集会で、最高裁が決定で退けた証拠の正当性も差し戻し審で主張していく方針を明らかにした。

【昭和毎日】5人の女性が死亡 名張毒ぶどう酒事件とは

 最高裁決定は、弁護団が提出した新証拠のうち、ぶどう酒に混入された農薬は奥西死刑囚が混入したと自白した農薬ではないとの鑑定結果の証拠価値を認めた。しかし、奥西死刑囚以外にも農薬の混入機会があった▽ぶどう酒瓶の王冠は歯で開けられていない--など他の四つの証拠は「無罪を言い渡す明らかな証拠には当たらない」と退けた。鈴木団長は「総合的に無罪を立証しており、無罪を確実にするためにも(他の新証拠は)必要」と述べた。【沢田勇】

【関連ニュース】
名張毒ぶどう酒事件:惨劇の公民館すでに撤去
名張毒ぶどう酒事件:他の新証拠は否定 再審は再鑑定次第
名張毒ぶどう酒事件:差し戻しで奥西死刑囚「希望持てる」
名張毒ぶどう酒事件:「再審決定を」支援者が高検に要請
名張毒ぶどう酒事件:再審開始決定取り戻したい…弁護団長

<参院>藤井懲罰委員長の辞任了承 後任に自民党の浅野氏(毎日新聞)
蛇笏賞に真鍋呉夫氏(時事通信)
キトラ古墳 壁画を精巧に再現した陶板公開 展示も(毎日新聞)
<雑記帳>オットセイ「タロちゃん」新居へ 宮城(毎日新聞)
肝臓、膵臓、乳がんの変異公開=ゲノム解析で新治療法期待-国際チーム(時事通信)
スポンサーサイト
  1. 2010/04/20(火) 15:38:02|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<新潟県に運転再開申し入れ=柏崎刈羽原発1号機-東電(時事通信) | ホーム | <普天間移設>徳之島軸に調整 ホワイトビーチ断念へ(毎日新聞)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://r9ypi58oqweq.blog102.fc2.com/tb.php/7-d0e776c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。